漢方ガイド TOP > 漢方の基礎知識 > 漢方と五行説について

漢方と五行説についてについて

 

漢方の発祥した国は、どこだか知ってますか!?

 


これは簡単ですね。

 

中国になります。

 

その中国では、「五行説」という考えがあります。

 

『五行説』(以下参照)
●方位、
●季節、
●色、
●人体、
●心理状態などのことを言います。

 

宇宙に存在する全てのものを5つの要素に分けています。

 

それぞれが助けあったり、打ち消し合ったりしてバランスを保っています。

 

その相互関係により新しい現象が起こるというように考えています。

 

この5つの要素がどれか一つでも欠けたら成立しない基本物質になります。

 

この基本物質が「五行」と呼ばれます。

 

それが、「木」・「火」・「土」・「金」・「水」から成っています。

 

■「木」は柔軟に広がる性質で風の気になります。

 

■「火」は炎のように瞬発的に上昇する力で暑の気になります。

 

■「土」は万物が生まれて帰る豊かな力で湿の気になります。

 

■「金」は金属のような重厚さ、秋の乾燥した空気から燥の気になります。

 

■「水」は流れ潤す性質で水の冷たい季節から寒の気になります。

 

それぞれ以上のようなことを表しています。

 

この五行は、お互いの作用を促進する相生関係、それと作用を抑制する相克関係という二つの関係によりバランスを保っていると言うことです。

 

漢方では、この法則を人体の五臓の機能に当てはめます。

 

▲「肝水」
▲「心火」
▲「脾土」
▲「肺金」
▲「腎水」です。

 

このように、五臓のバランスの取れている状態が健康であると考えられています。

 

また相生関係、相克関係が乱れていると様々な不調が起きるとも考えられています。

 

例えば「便秘で肌が荒れる」というように言われていますが、これ一見関係のないものでも類似性から5つに分けて当てはめていくと、それぞれどのように影響しているかが見えてくるというのが「五行説」と言うことになります。

 

「五行説」を医学に応用したものが東洋医学になります。

 

そして、現在の漢方はこの考え方を基本にしているそうです。

 

漢方の基礎知識記事一覧

漢方って副作用があるの!?

漢方は身体に負担の少ない医療として知られていますが、あなたは知ってますか!?まず、その理由の一つに、一般的な病院、または薬局で手に入る薬は、化学物質から作られていますよ...

漢方と生薬の関係について

漢方では、漢方薬という飲み薬を処方する医療を行いますが、ご存知ですか!?漢方薬の元となるのが生薬になります。今回は、この生薬と漢方について紹介しますね。...

漢方と未病の関係について

漢方の考え方の中に、「未病」というものがあります。ご存知ですか。今回は、この未病と漢方の関係について紹介します。参考にしてみてください。まずこの...

漢方と女性の関係について

当たり前の事を言いますが、女性の体は生まれながらにして妊娠、出産するための繊細な機能を備え持っています。男性と比べてホルモンの分泌の変化が多いとも言えます。それ...

漢方と西洋医学の違いについて

現在、医療の現場では統合医療と言うものがありますが、その重要性が高まっています。あなたは、統合医療をご存知ですか!?この統合医療とは、医療の分野に関わらず、一人...

漢方と冷え性の関係について

あなたは、冷え症ですか!?まず冷え症は、体の特定部分だけが冷たく感じることを言います。女性に多い症状でもあります。(汗) <主の症状として>●痛...

漢方と陰陽論について

漢方の考え方の一つとして「陰陽論」がありますが、ご存知ですか。これは「表があれば裏がある」、「天があれば地がある」、「背中とお腹」というように、私達を取り巻く全てのもの...

漢方と五行説について

漢方の発祥した国は、どこだか知ってますか!?これは簡単ですね。中国になります。その中国では、「五行説」という考えがあります。『五行説』(以下参照...

漢方と食性のこと!

漢方と言うものは、自然から生まれた漢方薬により病気を治します。そして、漢方と同じように食べ物にも薬のように体を健康に導く働きがあります。ご存知ですか。そ...

漢方と漢方医のこと!

あなたは漢方の治療を受けようと思っていませんか!?初めて漢方の治療を受けようという人がいると思いますが、その中には、まず何をしたらよいのか、何処へ行ったらいいのかと悩ん...