漢方ガイド TOP > お悩み別に漢方を調べる > 漢方とつわりって関係があるの!?

漢方とつわりって関係があるの!?について

 

つわりとは、妊娠5、6週頃から起こる不快な症状のことを言います。

 


ご存知ですよね。

 

<代表的な症状として>(以下参照)
●食欲不振、
●嘔吐、
●匂いに敏感になるなどがあります。

 

妊娠している女性の50%〜80%が経験します。

 

そのように言われていますが、つわりの症状、また程度、時期は個人差があります。

 

それは何故かと言うと、全く症状が出ない人もいます。

 

かと言えば入院を必要とするほどの衰弱状態になる人もいるからです。

 

多くの人は、妊娠14週〜18周頃には自然に治るのが普通ですね。

 

つわりの程度、症状に関しては、母体や胎児には影響はありませんので安心してください。

 

しかし、自然に治るとは言っても、症状の重い人にとっては耐えがたい時期でもありますよね。

 

※ 残念ですが現在の医療で一般的なつわりの症状を治療によって治すことはできません。

 

多くの人は、日常生活を工夫しながら乗り越えると良いですね。

 

何か良い方法をみつけてください。

 

妊娠期は、栄養が豊富なものを摂るようにしましょう。

 

それと同時に消化のよいものをしっかり摂ることが大切です。

 

それが理想ですね。

 

つわりで食べられないと言う場合は、食べれるものだけ食べてください。

 

そして、水分をしっかり摂るようにしましょう。

 

そして、十分に休養してください。

 

ちなみに気分転換をしたりします。

 

このようにリラックスすることで症状が和らぐことがあるからです。

 

(笑顔)

 

現在医療では、症状が重い場合に関しては、点滴などの処置をしますが、妊娠中は使用できる薬に制限があるので、漢方の治療を行うと言うことが増えていますね。

 

漢方で言うと、つわりは「気」や「水」のバランスの乱れているといわれており、それが原因と考えられています。

 

自然に治るからといって我慢し続けることは避けましょう。

 

これでは返って全身状態が悪化することにもなりかねません。

 

ですから、なるべく早い時期に漢方の処方を受けるようにしましょう。

 

そうすることが安心ですね。

 

※ (注意):ただし、漢方薬といっても妊娠中の服用は、慎重に行わなければいけませんよ。

 

自己判断で服用しないように!!(注意)
まずは、医師と相談の上で服用するようにしましょう。

 

それが大切です。

 

(笑顔)

 

漢方の基礎知識記事一覧

漢方と高齢者の関係について

日本の高齢化社会は勢いが止まらないくらい、今後ますます進んでいくことが予想されています。(汗)そんな心配がありますが、医療において注目を集めているものがあります。 ...

漢方とダイエットの関係について

現代は、様々なダイエット方法あります。言い換えれば溢れかえっていると言っても良いくらいありますよね。(笑)この多くのダイエット方法については、一時的に話題と...

漢方とエステの関係について

今やエステは美しくなりたい女性の常識となっていますが、一口にエステと言ってもその種類は色々なものがあります。その中の一つに漢方のエステがあることをご存知ですか!? ...

漢方の診察について

漢方では診断のことを「証」と言います。知ってますか!?ですから、診察は、「証」を決める事から始められます。まず診察の方法についてですが、「望診」、「聞診...

漢方と産後の関係について

出産までの間のことですが、女性の体は妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんを育てるようになります。これは当たり前の事になりますよね。そして、出産という大仕事を終えると今...

漢方と子どもの関係について

子どもは大人以上にエネルギーに満ちていると言えます。しかし、病気にかかってしますと、その症状が現れやすくなってしまうとも言えます。(汗)また年齢が低いほど病...

漢方と不妊症の関係について

まず、不妊症の原因に関してですが、男性側の問題があります。それに対して女性側の問題もあります。その他の原因としては、精神的な問題、環境の問題などがあります。...

漢方、薬膳って何!?

漢方の起源はどこですか!?ご存知ですか!?それは中国です。中国では4000年も昔から「薬食同源」とか「医食同源」という言葉が使われています。これ...

漢方とつわりって関係があるの!?

つわりとは、妊娠5、6週頃から起こる不快な症状のことを言います。ご存知ですよね。<代表的な症状として>(以下参照)●食欲不振、●嘔吐、●匂いに敏感に...