漢方ガイド TOP > 体の不調と漢方 > 漢方と肩こりの関係について

漢方と肩こりの関係についてについて

 

あなたは、よく肩こりになりますか!?

 


まず肩こりになると、肩、首筋、背中などが固くなったりします。

 

また、こわばったりして、痛みを感じるようになります。

 

漢方は、元々、中国の医学になりますが、肩こりに悩む人は、日本人にも多くいます。

 

まずその原因としては、やはりストレスではないでしょうか。

 

あとは姿勢、運動不足、寒冷、病気などが挙げられますね。

 

このように様々な原因があります。

 

一度肩こりの症状が現われると慢性化しやすいと言われています。

 

そのため、精神的にも苦痛を伴って、毎日の生活に悪影響を及ぼすこともあります。

 

(汗)。

 

このようにつらい肩こりですが、漢方の考えによっては「気」や「血」の巡りを改善して、痛みを和らげることが出来るそうですよ。

 

ご存知ですか!?

 

<後頭部から首筋、肩にかけての痛みについて>
ストレスによって「肝」の機能が停滞している「気滞」のタイプの人によくみられる症状です。

 

この状態が長く続くことで、頭痛、イライラ、憂鬱を伴うことがあります。

 

スポーツや趣味でストレスを発散しましょう。

 

そして、「気」の流れを改善する食材を摂るようにしましょう。

 

それが効果的ですね。

 

<肩や首が固く、押すと痛みについて>
このような症状があるのは「?血」のタイプの人になります。

 

このタイプの人に多い症状ですね。

 

同じ姿勢を長く続けているとうっ血します。

 

このような人は、全身が冷えないように心掛けるようにしましょう。

 

それが大切です。

 

また姿勢をこまめに変えるようにしましょう。

 

あとは、適度な運動をして血行を促すことが大切ですよ。

 

(笑顔)

 

<体内に余分な水分がたまっている人について>
このような症状の人は、「水滞」のタイプの人になります。

 

太り気味の人に多いですね。

 

特徴としては、触っても固くないのが特徴です。

 

対処法としては、脂っこい食べ物を控えてください。

 

身体をよく動かして下さい。

 

水分の代謝を促すことが大切ですよ。

 

(笑顔)

 

<肩が固いのに押しても痛くない、またこっているのに自覚がない人について>
このような症状の人は、「血虚」タイプの人になります。

 

過労や月経などによる「血」の不足が原因ですね。

 

この場合は、血を補う食材を積極的に食べるようにすると良いですよ。

 

(笑顔)

 

漢方の基礎知識記事一覧

漢方と心の不調は関係ある!?

漢方で言うところの心の不調とは「気」・「血」・「水」のバランスの乱れと捉えられます。漢方で言う心の不調とは、身体に悪いところはないのに、心が穏やかでない状態が続くことを...

漢方と肩こりの関係について

あなたは、よく肩こりになりますか!?まず肩こりになると、肩、首筋、背中などが固くなったりします。また、こわばったりして、痛みを感じるようになります。漢方...

漢方と肌荒れの関係について

女性の憧れと言えばいくつかありますが、やはり一番は美肌はではないでしょうか!?女性は、体力や気力の崩れから、また精神的ストレスなどが現れやすいですが、それらによって肌が...

漢方と風邪の関係について

風邪の原因は何だかご存知ですか!?風邪の原因と考えられるのが、ウィルスによるものが大部分ですね。その症状としては、発熱があります。それに伴い、咳、喉の痛...

漢方と生活習慣病の関係について

日本人の約3分の2が生活習慣病によって亡くなっているようですが、ご存知ですか!? ちょっと怖い話ですよね。(汗)日本では、生活習慣病の増大が社会問題にもなっています...

漢方とがんの関係について

日本人の死亡原因の中で最も高い割合を占めいる病気が何であるかご存知ですか!?それは、「がん」です。(汗)今や3人に1人は、がんで亡くなっていると言われていま...