漢方ガイド TOP > 体の不調と漢方 > 漢方とがんの関係について

漢方とがんの関係についてについて

 

日本人の死亡原因の中で最も高い割合を占めいる病気が何であるかご存知ですか!?

 


それは、「がん」です。

 

(汗)
今や3人に1人は、がんで亡くなっていると言われています。

 

それほど、私たちの身近な病気となっています。

 

(汗)
がんは、生活習慣病の一つでもあります。

 

がんになる原因として、食習慣、喫煙、ストレスなど好ましくない生活習慣が原因だと言われています。

 

あなたは大丈夫ですか!?

 

近年の医学の急速な進歩によって、多くの病気が治癒率を上げてきています。

 

そこで、がんにおいても西洋医学による手術、または放射線療法、抗がん剤など様々な治療が行われています。

 

しかし、未だに死亡率は高いようですね。

 

(涙) ですから、確実な治療法は見つかっているとは言えません。

 

(汗)
現代医療のがん治療においては、悪い細胞を攻撃したり取り除くといった化学療法があります。

 

これが主流と言っても良いくらいですが、この方法は、患者の体に大きな負担をかけてしまうと言うデメリットもあります。

 

特に抗がん剤治療は、副作用があることで知られていますよね。

 

例えば抗がん剤を投与することで、髪の毛が抜け落ちてしまうといった、辛い副作用に苦しめられる患者も少なくありません。

 

(汗)
また、がんの部位、進行状況により効果が得られにくいということもあります。

 

(汗)

 

そこで今、注目されているものがあります。

 

副作用の少ないと言われているものです。

 

それが漢方です。

 

(笑顔)
がんに対する漢方の治療ですが、直接がん細胞を取り除くものではありませんよ。

 

まずは抵抗力を高めます。

 

そして、症状、全身状態を改善していきます。

 

これによって抗がん剤の副作用を軽減させることが出来ます。

 

そして患者の日常生活の質を向上させるようにします。

 

漢方の治療は、このようなことを目的としています。

 

その他にも漢方による治療によって西洋医学による手術が容易になったりもします。

 

ご存知ですか!?

 

例えば、延命効果が認められたり、放射線療法、抗がん剤の副作用が軽減されるといった報告もあるくらいです。

 

現在はがんに限ったことではないですが、西洋医学による治療に限界を感じた場合や、代替医療を探す人々も増えているそうですよ。

 

がん治療において、今後、西洋医学と漢方とを使い分けていくと良いようですね。

 

このようにすることで患者の体に負担の少ない治療が出来ます。

 

(笑顔)

 

漢方の基礎知識記事一覧

漢方と心の不調は関係ある!?

漢方で言うところの心の不調とは「気」・「血」・「水」のバランスの乱れと捉えられます。漢方で言う心の不調とは、身体に悪いところはないのに、心が穏やかでない状態が続くことを...

漢方と肩こりの関係について

あなたは、よく肩こりになりますか!?まず肩こりになると、肩、首筋、背中などが固くなったりします。また、こわばったりして、痛みを感じるようになります。漢方...

漢方と肌荒れの関係について

女性の憧れと言えばいくつかありますが、やはり一番は美肌はではないでしょうか!?女性は、体力や気力の崩れから、また精神的ストレスなどが現れやすいですが、それらによって肌が...

漢方と風邪の関係について

風邪の原因は何だかご存知ですか!?風邪の原因と考えられるのが、ウィルスによるものが大部分ですね。その症状としては、発熱があります。それに伴い、咳、喉の痛...

漢方と生活習慣病の関係について

日本人の約3分の2が生活習慣病によって亡くなっているようですが、ご存知ですか!? ちょっと怖い話ですよね。(汗)日本では、生活習慣病の増大が社会問題にもなっています...

漢方とがんの関係について

日本人の死亡原因の中で最も高い割合を占めいる病気が何であるかご存知ですか!?それは、「がん」です。(汗)今や3人に1人は、がんで亡くなっていると言われていま...